奈良のいけばな教室日記と3分でわかる花 【奈良 日本料理おばな ホテルアジール 桃】

2月4週目備忘録です。

26日にホテルアジールアネックスさんで、

商談会が行われまして、

その際にいけばなの展示をさせて頂きました。

ありがとうございました。

日本料理おばな様でのお稽古と、奈良教室でのお稽古の様子です。

日本料理おばな様では、桃の節句を控えてということもあり、

桃の生花(しょうか)1種生けと、桃を中心の素材とした自由花の

お稽古を行いました。

桃は女性的に、梅は男性的にといけばなの世界では言われるのですが、

桃の枝は丸みがあり、独特の柔らかさが女性に例えられます。

今は奈良では梅がまだ咲く時期で、桃はそのあと、桜と同じくらい、

もしくは4月に入ってから咲き始めます。

最近では、ハウス栽培の物が増えたため、

桃の節句までに花屋さんの店頭に桃が並び、

2月後半~3月前半のイメージが強いのですが、

これは人為的に作り出されたもので、

自然とはおよそ1ヶ月くらい違います。

桃の枝は当初、まっすぐのびるのですが、

1年がたつと、枝先を桃自ら、ヤニで黒く固めてしまいます。

そして、次の年、そのヤニで止まった枝先の下から

次の枝が伸びてきます。

送り枝と呼び、次につなぐ枝として、家系に例えられ

子孫繁栄の一つのしるしとして表現されます。

そのほかにも、桃の実は古くから長寿の実として

中国故事で伝えられていたり、

桃源郷という言葉があるように、中国古典の中では、

神聖なものとして桃は取り上げられてきました。

自由花は桃、アイリス、菜の花で、

季節感のある取り合わせにしました。

3月~4月にかけての花の取り合わせとしては、

非常に合う組み合わせです。

綺麗にいけて頂きました。

奈良教室でも、毎週柳と小菊だと飽きるだろうと思い、

今週は桃の節句も近いことから

季節感のある花木を生けるというテーマで、

桃の生花1種生をお稽古しました。

柳と小菊の2種生では、柳の付枝(二股や三股にわかれている枝のこと)を使用して生けるのは少し難易度があがるので、

使用してもらっていませんでしたが、

桃の場合は付枝を全てとってしまうと、

完全に桃らしさが消えてしまうため、

付枝を上手く使っていけてもらうことをしました。

手直し前、生徒さんがご自身でいけたものです。

私の手直し後です。

桃らしい女性的な柔らかさを出して生ける事、

器にあわせてあまり広げすぎず凛とした姿にする事、

このあたりを意識しました。

今週のお稽古は以上でした。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

田中いけばな教室をフォローしてください!

  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

​© 2016 by Tanaka Ikebana School